目元を二重にして印象チェンジ!心理的な影響を与える眼力

最も人気な目の整形施術

カウンセリング

施術内容を理解しよう

二重にする施術には様々な方法があり、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。施術の方法としてまず1つ目に挙げられるのが、最も一般的でダウンタイムが短いため多くの人がする埋没法です。埋没法は細い糸をまぶたに通して二重の線を作る方法で、1点留めから6点留めまで希望によって選べます。埋没法の良いところはダウンタイムが短いため休みが取れない方でも、施術を受けることが出来る点です。また、まぶたを切除していないので修正しやすく切開をする前に試しで埋没法をやる人もいます。見た目も自然で生まれつきの二重のような仕上がりになるので、整形がばれたくない方におすすめです。デメリットは細い糸で留めているだけなので、人によってはすぐにとれる可能性があることです。もちろん一生取れない方もいますが、取れる可能性も高いので一生ものの二重を手にいれたい方には不向きです。さらに、糸が飛び出て汚れが溜まったり目がかゆくなって充血したりする場合もあります。続いては、まぶたが厚くて埋没法ではすぐに取れてしまう方は切開法という施術法方法があります。切開法は埋没法に比べると持続性が高く永久的に二重を保つことが出来ます。その反面、もしも修正をしたい場合は埋没法よりも困難になります。整形手術の中でも二重にする施術は特に人気があり、たくさんの人がしています。二重にするメリットとしてまず挙げられるのが、メイクが楽になることです。目が大きくぱっちりとするので、ナチュラルメイクでも派手目なメイクでも似合います。今までアイプチをしていた人はその手間がなり消えたりよれたりする心配がなくなるので、今までよりもメイクを早く終わらせることが出来ます。また、左右非対称の人や目にコンプレックスがある人も自分に自信を持つことが出来て毎日を楽しく過ごすことが可能です。二重には、日本人に多い末広型から外国人に多い平行や奥二重などたくさんの形があり、自分の好みの目元に仕上げることが出来ます。二重施術は整形施術のなかでも比較的簡単で時間やお金をかけずに受けることが出来るので、印象を変えたい方や時間・お金があまりない方でも安心して受けられます。ダウンタイム期間は、埋没法の場合は1週間程度で切開法の場合は1ヶ月程度です。人によって腫れや内出血に違いがあるので一概には言えませんが、切開法であっても抜糸をする1週間後には7割程度の腫れは収まっている場合が多いです。抜糸後は早いスピードで腫れが引いていき、1か月後には完成形に近い形になります。

Copyright© 2018 目元を二重にして印象チェンジ!心理的な影響を与える眼力 All Rights Reserved.